はんだ付け

フッ素コーティング剤は撥水剤としても幅広く活用が可能

工場

フッ素コーティング剤には多くの効果があり、電子機器や屋外機器の中核機能を保護するために製造業務上での塗布が常用化されています。フッ素の撥水剤を利用したコーティングにより、製品の表面に付いた水分を球状に変えて弾き、製品内部への水分浸透によるダメージを与えません。フッ素を用いた撥水剤による効用の特徴は、素材の通気性を保ったまま、水を弾く点にあります。
またフッ素による皮膜は、撥水と共に油をもはじく撥油性にも長けているため、水分の浸透や油汚れの拡散や付着を同時に防ぎ、製品の正常な稼働を促進できます。電子部品には、金属だけでなく、プラスチックなど異なる素材も使用されています。フッ素コーティングは素材を選ばず塗布できて、素材に影響を与えない特性があり、活用度の高い保護剤と言えます。
水や油を拡散しないフッ素コーティングは、工業用木材や繊維の耐久性の向上に利用されることはもちろん、カメラやDVDプレーヤー内部の電子回線を液体の浸み込みから守り、HDDなどのモーター軸のスムーズな回転を補助したりと、極小箇所でも製品の重大な基盤を支える役割を担っています。また、フッ素コーティングの撥水剤は、毒性や可燃性が低いため安全に取り扱いができ、室温で即乾くため製造過程での使いやすさも多用される理由の一つです。多角的なメリットのあるフッ素コーティング剤は、電子部品の撥水や撥油には最適です。

ARTICLE

撥水剤があればさまざまな製品を水から保護することが可能

水滴

新しく靴を購入する際、素材や用途によっては、一緒に防水スプレーを購入するようお店から勧められる場合があります。例えば、雪が多い地域でスウェード素材のブーツを買う場合、防水スプレーを使わないと、雪道を歩いて溶けた雪がブーツ生地にしみこみ、足が冷えてしまうためです。防水スプレーは撥水剤として働き、靴の生地表面で水を弾いてくれます。この防水スプレーの原液にはフッ素コーティング剤が使われており、成分…

半導体

水溶性の撥水剤は繊維の奥まで入り込んで効果を発揮する

市販の防水スプレーや撥水剤スプレーの多くは、可燃性ガスを使用したものが多い上、衣類などの繊維製品の塗布しても表面的な保護効果しか得られません。また、基本的には樹脂コーティングとなるため、布製品な…

もっと詳しく

工場

フッ素コーティング剤は撥水剤としても幅広く活用が可能

フッ素コーティング剤には多くの効果があり、電子機器や屋外機器の中核機能を保護するために製造業務上での塗布が常用化されています。フッ素の撥水剤を利用したコーティングにより、製品の表面に付いた水分を…

もっと詳しく

作業服の男性

フッ素コーティング剤は電子部品の撥水剤や撥油剤として使える

精密な電子機器類が正常に稼働するためには、製品を構成する電子部品の全てが不具合を起こすことなく正常に機能することが必要不可欠です。電子部品類は、水や油に弱く、こうした物質の存在が故障や性能低下の…

もっと詳しく

MENU